ぬるローイー

窓から こんなに熱が出入している!

    《夏に外から熱が入ってくる割合》

夏、外から家に帰ると部屋がムッとする…
それは外気温が高いからだけではありません。
窓などの開口部から室内に入ってくる熱が室温を上昇させる大きな要因なのです。
室内に侵入する熱すべてを100%とすると、開口部からの侵入熱が71%もあります。
夏を涼しく快適に過ごすには、この71%もの侵入熱を防ぐ遮熱が必要です。
    《冬に外に熱が逃げる割合》

冬の寒さから家を守るのに、壁や天井に断熱材を使う事は当たり前の様に行われていますが、窓を断熱する事はまだあまり行われていません。
窓の断熱性能は外壁の1/2〜1/5しかなく、室内の48%の熱が窓などの開口部より外へ逃げてしまいます。
冬に室内で暖かく快適に過ごすには、窓の断熱性能を上げる事が重要です。

省エネルギー対策塗料 『ぬるローイー』 塗装でエコガラスに!

高遮断熱ガラスに使用されているような機能を持つ金属皮膜を液体化した現場対応型のガラス専用塗料です。屋内を夏涼しく、冬場に発生する結露を抑制することができる遮熱・断熱コーティング剤です。

冷暖房効率アップ  〜環境にも家計にもやさしい

■太陽光線
太陽が放射する電磁波には波長の短いγ線から波長が1番長い電波線までがありますが、この中で実際に地球上に届き私達が浴びているのは紫外線の中のUV-Bから赤外線までです。

■紫外線 UV(Ultraviolet)
100nmから400nmの波長で人間の目には見えません。
化学線とも呼ばれ物質を劣化させたり、日焼けさせる光線です。

■可視光線
380nmから780nmの波長で人間の目に色彩を感じさせる光線です。

■赤外線 IR(infrared)
780nmから1,000μmの波長で人間の目には見えない光線です。
さらに波長によって近赤外線・中赤外線・遠赤外線に分類されます。
熱線とも呼ばれ物質に当ると反射と吸収が起こり、吸収したエネルギーは分子運動を起こし熱を放射します。
780nmから2,500nmの近赤外線は、暑さを感じたり室内の温度上昇に最も影響があります。
窓ガラスから入ってくる太陽光の各光線の熱保有量は概ね上記のようになり、ガラスを通過する熱量は概ね90%です。
ガラス遮熱・断熱のポイントは可視光線をカットせずに、赤外線及び紫外線をいかにカットするかです。
図1は未施工のガラス、図2は『ぬるローイー』を塗布したガラスの侵入熱量を示しています。
『ぬるローイー』を塗布した窓ガラスは紫外線を97%、赤外線を65%カットします。
可視光線の侵入を制限した場合は熱量もカットしますが、暗くなり外が見えにくくなると同時に熱割れ現象を引き起こす要因になります。

『ぬるローイー』でガラスをコーティングする事によって、夏場は赤外線のエネルギーをカットし輻射熱による室内温度の上昇を抑え、冬場は暖かい可視光線のエネルギーを取り入れ室内暖房による遠赤外線エネルギーの室外への放射を防ぐ事により、冷暖房負荷を抑え節電となりCO2削減にも繋がります。
(エアコンの設定温度を1℃下げると10%の節電効果―東京電力調べ)

紫外線(UV)対策

紫外線は太陽の光に含まれる電磁波の一種で、人間の目には見えません。
人体に対してはビタミンDの合成、新陳代謝の促進、殺菌作用など有益性が有る一方で、皮膚に対する害や目に対する害を与え健康を損なう原因でもあります。
波長によってUV-A・UV-B・UV-Cの3種類に分けられます。
■紫外線A波 UV-A (315〜400nm)
オゾン層ではほとんど吸収されず、地上に到達します。
人体に与える影響は弱めですが波長が長いため透過性が高く、雲や窓ガラス,
カーテンや服も通り抜けるため、曇りの日や室内に居ても日焼けをおこします。
適度に浴びる事はビタミンDの合成や血行・新陳代謝の促進など健康上良い影響もありますが、表皮を通過し肌の深く真皮層にまで届いて、皮膚のシミ・シワ・たるみなどの「光老化」の原因になります。

■紫外線B波 UV-B (280〜315nm)
オゾン層や雲、空気中のチリなどに吸収されやすく一部が地上に到達します。
波長が短いため窓ガラスは通過しにくく、室内で浴びる事はほぼありません。
人体に与える影響はA波の1,000倍で、皮膚細胞のDNAを傷付けシミ・ソバカスや皮膚ガンの原因、免疫力の低下や白内障の原因とも言われており、人体に有害な光線です。

■紫外線C波 UV-C (100〜280nm)
「殺人光線」とも呼ばれ、放射線に匹敵するするほど人体に有害な光線です。
今現在はオゾン層で吸収されてしまっているため、地上には到達しません。
殺菌灯など人工的に作られ利用されています。





南極上空のオゾンホールは有名ですが、北半球でもオゾン層の減少に伴い地球に届く紫外線の量が年々増加しています。
米国航空宇宙局(NASA)は2010年〜2019年がオゾン層破壊のピークで2/3が破壊されると予測しています。
アメリカ人の5人に1人、オーストラリア人の2人に1人が皮膚ガンになると言われるぐらい深刻な状況です。(2002年 WHO報告)
日本人は黄色人種であるため白人に比べると皮膚ガンの発ガン率は低いですが、日本人でも発生率が急増しており欧米並みの紫外線対策が必要であると言われていますが、まだ日光浴を推奨するなど情報も対策も遅れているのが事実です。
ビタミンの合成は紫外線を10分程度浴びるので充分です。通常そのくらいの時間は通勤、通学、散歩など日常生活で充分浴びています。それ以上浴びる事は生物学的にはメリットよりデメリットの方が多くなってしまいます。
また18歳までに生涯浴びる全紫外線量のうち1/2を浴びると言われ、特に10歳頃までに浴びる紫外線量がその人の将来におけるガンになる確率を高める事が分かってきました。
紫外線対策は女性の美容のためだけではなく、男性、女性ともに必要ですし特に子供達には万全の対策をしてあげたいものです。
外出時は帽子やUVカットクリームで、家の窓ガラスは『ぬるローイー』でしっかりと紫外線対策しましょう!

株式会社平田商会
〒794-0026
愛媛県今治市別宮町9丁目5番16号
TEL.0898-22-5974
FAX.0898-32-0440

-------------------------------------
1.塗装工事
2.防水工事
3.左官工事
4.足場工事
その他附帯工事一式

-------------------------------------

 

0
0
1
0
0
0