本文へ移動

GAINA(ガイナ)

ガイナの断熱技術

宇宙の技術を暮らしの中へ

高性能断熱材によってH-2ロケットを守った宇宙航空研究開発機構(JAXA)の技術を、私たちの暮らし の中で活用可能にしたのがGAINA(ガイナ)です。

機能性環境改善塗材であるGAINA(ガイナ)は、従来 の常識を覆し、断熱性の高い特殊セラミックを塗料化することに成功しました。

GAINA(ガイナ)を住まいに塗装するだけで、 断熱を可能にしたほか、遮熱・結露防止・防音・防汚・空気質改善など、15に及ぶ機能を発揮します。
■ロケット打ち上げ時の高熱から機体を守る
JAXAはH-2ロケットの開発に際して、打ち上げ時の摩擦や大気圏外へ出る際の摩擦による最高300℃にも達する熱から機体および人工衛星を守るために、ロケットの先端部(フェアリング
に塗装する断熱技術を開発しました。
その宇宙研究の技術がGAINA(ガイナ)に応用されています。
JAXA COSMODE PROJECT は、日本の宇宙技術から生まれた最先端のアイディアをより多くの人の日常に届けるために開発された、プロダクト開発プロジェクトです。
GAINA(ガイナ)は長年の断熱技術の研究が評価され、「JAXA COSMODE PROJECT ロゴマーク」付与第一号の認定 を受けた商品です。

ガイナの仕組み

これまでの常識を覆し断熱性の高い特殊セラミックを塗料化

従来の塗料は、住宅の美観確保と防水を目的としたものに過ぎませんでした。
GAINA(ガイナ)が他の塗料と一線を画すのは、特殊セラミックの効果によるものです。
セラミックには、遠赤外線セラミックや超硬度セラミックなど、様々な種類があります。
そのひとつである断熱性能に特化した種類のセラミックを中心に、アクリルシリコン樹脂とのハイブリットにより塗料化に成功したのが、GAINA(ガイナ)なのです。
その結果これまでの常識を覆し驚異の断熱効果を発揮するとともに15にも及ぶ機能によって、GAINA(ガイナ)は住まいの性能を劇的に向上させます。
■GAINA(ガイナ)を塗装するだけで、夏は涼しく、冬暖かに
▲GAINA(ガイナ)を住宅の屋根・外壁、内装に塗装すると、太陽光線や熱、音や汚れなどを跳ね返し、断熱・遮熱などの効果を発揮します。
加えて、太陽光線や照明の光を受けたセラミックが、イオン化作用をもたらし、室内の空気質を改善します。
マイナスイオンとプラスイオンのバランスがとれた心地よい状態になります。

ガイナの成分

ガイナ(GAINA)を塗装することにより期待できる最も重要な効果は、遮熱効果・断熱効果・長寿命の3つです。
ガイナ(GAINA)の主成分である特殊セラミックビーズ、そして良質なアクリルシリコン樹脂が、そのような効果効果を発揮するための機能として働いています。


■特殊セラミックビーズとは

外壁や屋根、内装にガイナ(GAINA)を塗装すると、夏涼しく、冬暖かい住空間が実現できます。
そのメカニズムは、ガイナ(GAINA)の主成分である特殊セラミックビーズにあります。

塗り替えに利用される塗料の多くは、その主成分が樹脂(ゴム)です。
一般的な塗料が硬化したものを分析すると、その成分の90%以上は樹脂成分となっております。
しかし硬化したガイナ(GAINA)の成分を分析すると樹脂成分は、なんと20%しか含まれておりません。
ガイナ(GAINA)の成分の80%は何とセラミックビーズでできているのです。


▼ガイナ(GAINA)に含まれる特殊セラミックビーズ配合分布状況


■良質なアクリルシリコン樹脂
ガイナ(GAINA)の遮熱効果、断熱効果は特殊セラミックビーズが担っていることは分かりました。
しかし、セラミックビーズだけを塗装しても外壁・屋根に密着せずに、ぽろぽろと剥がれ落ちてしまいます。
外壁・屋根などの塗装面とセラミックを、またセラミック同士を密着させるためには、接着の役割を果たす樹脂成分が必要になります。

そこでガイナ(GAINA)が採用した樹脂は、アクリルシリコン樹脂です。
ガイナ(GAINA)以外の塗料で現在主流とされている多くの塗料も、樹脂成分はアクリルシリコン樹脂です。
アクリルシリコン樹脂の特徴は、他の樹脂に比べて、価格・耐久性のバランスが優れているという点にあり、樹脂自体の耐用年数は約15年です。

しかし20%しか含まれていない樹脂で、80%ものセラミック成分を密着させることは大変困難です。
そのため、他社の断熱塗料は一般的には20%ほどしかセラミックビーズを含むことができません。
ガイナ(GAINA)製造元である株式会社日進産業 は、大量のセラミックビーズを外壁・屋根に塗装して密着させることができるような、良質なアクリルシリコン樹脂の研究開発をするため、20年以上の歳月を費やし試行錯誤の結果、樹脂量の4倍にあたるセラミックを、しっかりと密着させる技術開発に成功したのです。

一般的な断熱塗料が20%ほどしか含めないセラミックビーズを、ガイナ(GAINA)は80%含んでいるという点において、ガイナ(GAINA)は他社断熱塗料と一線を画しています。(遮熱塗料の市場シェア16%)

ガイナの3大効果と15の機能


住まいの高環境を実現させる15の機能

□経済的省エネルギー効果

 断熱  
GAINA(ガイナ)を建物の天井、内壁に塗装するだけで、今まで外に逃げていた熱エネルギーの約60%を封じ込め、暖房効果を著しく上げる究極の内断熱が完成します。

 
遮熱
GAINA(ガイナ)を建物の屋根、外壁に塗装するだけで、太陽光線から受ける赤外線の約95%を反射し、建物内部に熱を通さない究極の外断熱が完成します。

 耐久
GAINA(ガイナ)は特殊セラミックとアクリルシリコン樹脂をハイブリッドすることにより、優れた耐候性を持ち、一般塗料の2〜3倍の寿命になります。

□快適住空間創出効果

 防音
GAINA(ガイナ)を建物に塗装するだけで、屋根、天井、壁を通過する音が約4〜10デシベル低下し、静かな住環境を確保することができます。

 
防露 
GAINA(ガイナ)は、近・中・遠赤外線の波長を効率的に反射し、熱エネルギーの移動を抑えることにより結露発生量を約20%以下にします。

 消臭
GAINA(ガイナ)に含まれる特殊セラミックが、空気中の有害物質やいやな臭いを中和・イオン化し、さわやかな住環境を作ります。

 
透湿
GAINA(ガイナ)は十分な透湿力を持ち、水蒸気や空気などを通すことで、壁が呼吸し、健康的な住環境が実現します。(60cc/日・m2)

 防菌
 
GAINA(ガイナ)に含まれる特殊セラミックが作用することにより、塗膜をカビや有害な菌から守ります(ガイナ(GAINA)防カビ抗菌対応品)。

 防護
GAINA(ガイナ)の熱エネルギーを蓄えない性質により、GAINA(ガイナ)が塗布してあれば100℃に熱せられた鉄板に触れても、火傷することはありません。

 
安全
GAINA(ガイナ)は環境に優しい水性です。ホルムアルデヒド放散等級区分(F☆☆☆☆)の内装用があります。

 癒し
GAINA(ガイナ)は特殊セラミックのイオン化作用により、空気質を改善し、リゾート地を上回る理想的なイオンバランス空間を作ります。

□機能性効果

 防汚
GAINA(ガイナ)に含まれる特殊セラミックとアクリルシリコン樹脂の効果で、優れた帯電防止性、親水性のある塗膜となり、防汚性を発揮します。

 
弾性
GAINA(ガイナ)は弾性力に富んでいるため、亀裂ができにくく、衝撃、振動に強い塗膜に仕上がります。

 
不燃
GAINA(ガイナ)は特殊セラミック効果により、塗装する材料に合致した不燃性能を発揮します(国土交通省大臣認定)。

 施工
GAINA(ガイナ)を塗装するには、特別な工具を必要としません。刷毛、ローラー、コテ、ガンなど、あらゆる工具で美しい仕上がりが可能になります。

寒さ対策 ⇒ 断熱・保温

●【熱量実験】GAINA(ガイナ)の熱量は少ない
▲発熱板の上に2枚の鉄板を用意し、右側にはGAINA(ガイナ)を塗装した鉄板、左側には一般塗料を塗装した鉄板を設置。両鉄板温度は45℃に設定。
▲2枚の鉄板の中央に、3cm角の氷をそれぞれ配置。
▲一般塗料を塗装した鉄板の上に配置した氷は、溶け始めているのがわかる。
▲一般塗料を塗装した鉄板の上に配置した氷は完全に溶け、GAINA(ガイナ)を塗装した鉄板の方の氷は溶けていない。
●【温度適応実験】GAINA(ガイナ)は周辺温度に適応する。
▲発熱板の上に2枚の鉄板を用意し、右側にはGAINA(ガイナ)を塗装した鉄板、左側には一般塗料を塗装した鉄板を並べて設置。正面中央から温風をあてる。
▲表面の温度変化をサーモグラフィーで見ると、GAINA(ガイナ)を塗装した鉄板は、温風を受けて一気に温度が上がっていく(画像が赤→白に変わる)。
▲GAINA(ガイナ)を塗装した鉄板は、さらに温度が上昇し、一般塗料を塗装した鉄板も熱を帯びてくる。
▲その後、送風に切り替えた時には、GAINA(ガイナ)を塗装した鉄板は一気に温度が下がっていき、周辺温度に適応していることがわかる。
●外装にGAINA(ガイナ)を塗装して放熱を抑える

熱は、高いところから低いところへ移動する性質を持っています。
GAINA(ガイナ)を外装に塗装すると、外の空気温度とGAINA(ガイナ)を塗布した表面温度が適応することによって熱の均衡化が起き、その表面で熱の移動を最小限に抑えます。この働きにより、室内の熱を外へ逃がしにくくします。
●内装にGAINA(ガイナ)を塗装して暖房効果を高める

室内空気温度がいくら高くなっても、壁・天井の温度が低ければ、熱は壁・天井から逃げます。
GAINA(ガイナ)を内装に塗装すると、室内空気温度とGAINA(ガイナ)の表面温度が適応することにより、熱の移動を最小限に抑えます。


●GAINA(ガイナ)を塗装すると体感温度は上がる

室内空気温度が30度で、壁・天井の表面温度が10度である、上図の部屋の体感温度は20度となります。[(30度+10度)÷2=20度]。
GAINA(ガイナ)を塗装した上図の部屋は、室内空気温度が同じ30度でも、壁・天井の表面温度が室内空気温度に順応し、体感温度が30度となり、その差は10度も高くなります。[(30度+30度)÷2=30度]


暑さ対策 ⇒ 断熱・遮熱

●GAINA(ガイナ)の遮熱メカニズム
GAINA(ガイナ)の球体セラミックに侵入した太陽光に含まれる赤外線は、球体のプリズム効果により、反射と屈折を繰り返し、屋内に侵入するエネルギー量を減少させていきます。(図の左)

またセラミックに配合した遮熱物質が太陽光に含まれる赤外線を反射します。(図の右)
●内装にGAINA(ガイナ)を塗装して冷房効果を高める
室内空気温度がいくら低くなっても、壁・天井の温度が高ければ、熱は室内へ侵入します。
GAINA(ガイナ)を内装に塗装すると、エアコンをつけたその時から、エアコンの冷気温度とGAINA(ガイナ)表面温度が適応することにより、熱の移動を最小限に抑えます。
●GAINA(ガイナ)を塗装すると、体感温度は下がる
室内空気温度が20度で、壁・天井の表面温度が40度である上図の部屋の体感温度は30度となります。[(20度+40度)÷2=30度]。
GAINA(ガイナ)を塗装した上図の部屋は、室内空気温度が同じ20度でも、壁・天井の表面温度が室内空気気温に順応をし、体感温度は20度となり、その差は10度も低くなります。[(20度+20度)÷2=20度]。

騒音対策 ⇒ 遮音・防音

GAINA(ガイナ)塗膜は、硬いセラミックの中に空気を含んだ球体の多層で構成されています。

音は、セラミックで反射し、空気で吸収を繰り返す構造になっています。

さらに、塗膜内で多層となったセラミックの効果により、塗膜内部に侵入してきた音も、その振動を軽減することで音を小さくします。
●【制振試験】GAINA(ガイナ)は振動を素早く吸収する
無塗装:SS400
フタル酸樹脂塗料塗装:SS400
GAINA(ガイナ)塗装:SS400
音は振動から発生し、振動として伝わっていきます。GAINA(ガイナ)は振動を抑えることで防音効果を発揮します。
この3つの波形データは、浜松工業試験場において、GAINA(ガイナ)の制振効果を測定したものです。
上図の試験データの通り、GAINA(ガイナ)が振動を抑えているのが、はっきりとわかります。


●【衝撃音実験】 GAINA(ガイナ)は音の発生を抑える
無塗装フライパン:94.7dB
無塗装のフライパンとGAINA(ガイナ)を塗装したフライパンをハンマーで叩いた時の音を騒音計で計測。
無塗装フライパン74.9dB

無塗装のフライパンとGAINA(ガイナ)を塗装したフライパンをハンマーで叩いた時の音の差は19.8dB(約20dB)でした。
20dBの差は、音エネルギー量が1/100となります。
たとえば、6dBの差では音エネルギーは1/4となり、音源から2倍の距離で音を聞いている事と同じになります。

GAINA(ガイナ)を家の外壁全体に塗装すると、車などの外の騒音が減少し、小雨程度は気付かないほど静かな室内になります。

ガイナのイオン効果

ガイナの実績

実績4

ガイナの施工例

ガイナの波及効果

株式会社平田商会
〒794-0026
愛媛県今治市別宮町9丁目5番16号
TEL.0898-22-5974
FAX.0898-32-0440

-------------------------------------
1.塗装工事
2.防水工事
3.左官工事
4.足場工事
その他附帯工事一式

-------------------------------------

 

0
0
2
0
3
6
TOPへ戻る